江の島への近道 湘南モノレール株式会社

第五章 天空の遊園地

湘南モノレール「湘南江の島駅」からモノレールに乗車し、隣の「目白山下駅」に移動する。
現在、龍口山に登る入り口は、この駅の脇にある一カ所だけである。
木立が空を覆い、やや薄暗くなった坂道を上っていく。

ryukoen_07.jpg

カーブ、分かれ道、行き止まり。つぎつぎとあらわれる段差。
茂る木々に遮られ、見通しも悪い。

「なんかわかんなくって」
山上で唯一視界に入っていた年配の男性が、おそらく心ならずの何度目かのすれ違いざまに照れくさそうに言った。
ここは初めてなのだろう。

迷路を進むような感覚の原因は、整地された山の形状にある。
この航空写真は遊園地閉園後に撮影されたものだが、山上が利用されていた当時の地形をまだ見ることができる。

ryukoen_08.jpg
(昭和21年撮影。国土地理院)

写真を加工したもの。

ryukoen_09.jpg
(昭和21年撮影の航空写真を加工。国土地理院)

オレンジ色で囲った部分が遊園地の敷地だ。
山の西側から北側の木が伐採され、展望台があった最も標高の高い敷地を軸に、扇型が二段重なるように整地されている。
敷地内全体にみえる白く薄い線も段差である。

現在公園となっている山上には、これらカーブの多い段差が形を崩しながらも残り、その段差に沿って進んだり上り下りする動線となっているため、視界の悪さも重なり方向を見失いがちなのだ。

さて、新たに見つかった絵葉書3枚目は、展望台から北方向に遊園地を見下ろしたもの。
(加工した航空写真に示した、矢印①方向)

山上の疑問が解けた喜びと、現状とのあまりの違いに絶句した写真だ。

ryukoen_10.jpg
手前中心部に、小さく「氷」ののぼりが見える。季節は夏のようだ。(横浜開港資料館所蔵)

樹木が伐採され、敷地が整然と整えられている。
はるか遠方まで見通せるこの高台には、風が心地よく吹き抜けただろう。
入り口の演芸案内や音楽コンサートの記録から、園内に「舞台」の存在がうかがえるのだが、右奥上部、長椅子のようなものが複数置かれた場所は、その一つだったかもしれない。

写真には、当時、多くの遊園地で導入されていた機械的な遊具は見当たらず、第二章で推定したとおり、ここは現在の「遊園地」という言葉からイメージされるものより、「公園」に近い施設だったようだ。

同じ敷地を反対の北側から写したのが次の写真。
園の中心部が段差で構成されている様子がはっきりと見てとれる。

  • 花壇や水鳥小屋のある一段目(最下部)
  • ブランコや滑り台などが横一列に並んだ二段目
  • 展望台のある三段目(最上段)

ryukoen_11.jpg
(横浜開港資料館所蔵)

縦長につくられた花壇の中央部で、花盛りなのはひまわりだろう。
その奥、三角屋根の小屋は水鳥小屋である。当時、多くの遊園地には動物園が併設されていた。
小屋の足元にうつる二羽の大きな鳥のシルエット(一羽は羽をひろげている)は、ペリカンではないだろうか。

さらに展望台に近づいた写真。

旗がひらめき、いかにも遊園地的な光景だが、硬い表情の子供も多く、やや緊張感ただよう雰囲気となっている。
有料の施設に子供ばかりというのも不自然で、撮影のために集められたのかもしれない。

ryukoen_12.jpg
展望台にも人影が(横浜開港資料館所蔵)

ところで、これらの絵葉書に使用されているのはみな白黒写真なのだが、実際のところ建造物はどんな色をしていたのだろう。

そのヒントが、近現代日本文学界を代表する作家 川端康成の作品の中にあった。

龍口園開園直後の昭和2年後半、まだ若き川端が自身初の長期新聞連載小説の中で龍口園にふれているのだ。(当時28歳)

園が登場するのは、主人公一行が、藤沢駅から江ノ電に乗り、片瀬の燈籠流しを見に行く場面である。

「高砂、川袋、藤ヶ谷 ― 藤ヶ谷で松林が広い葭原(よしはら)に開けて、明るい眺めを海鳥が飛んだ。鵠沼、新屋敷、濱須賀、そして江の島龍口園の朱塗りの塔が月のない空に伸び上つて見えた。
初めての人はこの俗惡な塔を江の島の社か寺かのものと思ひちがひする。」
(『海の火祭』昭和2年8月~12月「中外商業新報(現在の日本経済新聞)」に連載)

当時は高い建物が少なく、電車からは(現在の「湘南海岸公園駅」を過ぎたあたりと推定)、地上に立つ巨大なエレベーターと山上の展望台が同時に見えていただろう。
「塔」という表現と、エレベーターが山を背にして立つことを考えると、「空に伸び上がってみえた朱塗りの塔」は山上の展望台を指すと思われる。

文学作品内での「朱塗り」という表現が実際と同一のものかの判断は難しいが、展望台もエレベーターも外観に寺院的モチーフが使用されていることを考えると、寺社でよくみられる「朱色(赤色)」がつかわれていた可能性は高いように思う。
(ちなみに、白黒写真をカラー化するアプリを試してみたが、残念ながら色は再現できなかった。)

それにしても、「俗悪な塔」とは、あまりの言われようである。

後に、「日本人の心の精髄を優れた感受性をもって表現した」と称賛された彼の美意識は、丘の上にそびえたつ「寺社っぽい建造物」を激しく拒否したのだろうか...

では、新たに見つけた絵葉書の最後の一枚がこちら。

展望台から西の方向を見下ろしている。(加工済航空写真の矢印②方向)

眼下に大きく広がる片瀬の町。
遠くには、白波の海岸線と雪を頂く富士山。

そして、山上には馬がいた。

ryukoen_13.jpg
ぽこりぽこりと、のんびりした足音が聞こえるようだ(横浜開港資料館所蔵)

ryukoen_14.jpg
ここを馬が歩いていた

霞の向こう側

新たな絵葉書発見に歓喜したのとちょうど同じころ、
龍口園の経営者 森辨治郎を追悼する寄稿集を手に入れた。
しかし、彼の業績がこまかくしるされた年譜に「龍口園」の文字はない。
編纂した息子の健吉は、辨治郎の死後、龍口園敷地の地上権を引き継いでおり、その存在を知らないはずはないというのに...

絵葉書が、木々にのみこまれた遊園地の記憶を取り戻してくれた。

謎はまだまだあるけれど、まぼろしは形を持ち始めている。

時の霞が晴れる日は、もう近くまできていると思う。

ryukoen_15.jpg
(転載不可)

*「龍口園」について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
 『新月夜ノート』http://sinngetsuyo.livedoor.blog/

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
喜清みずほポートレート
喜清みずほ
鎌倉と古い仏さまに魅かれて、いつのまにかガイドの道へ。鳩が好き。鎌倉観光文化検定一級初代ホルダー
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
西村まさゆき(駅名編)ポートレート
湘南モノレール「駅名」ルーツをたどる旅
西村まさゆき(駅名編)
石山蓮華ポートレート
いい線いってる夜
石山蓮華
電線愛好家
中島由佳ポートレート
いい線いってる夜
中島由佳
ゴムホースマニア
加賀谷奏子ポートレート
いい線いってる夜
加賀谷奏子
サンポー編集部ポートレート
しょもたんの完全一致を探す散歩
サンポー編集部
散歩の横好き集団
中野純(鎌倉大横断編)ポートレート
鎌倉大横断ミッドナイトハイク
中野純(鎌倉大横断編)
負の走光性がある、闇歩きガイド
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)