江の島への近道 湘南モノレール株式会社

夏だ!山でも海でも走っちゃえ!ゴールは浜の盆踊りde踊るサマー!

本日のコースは、湘南モノレール「西鎌倉駅」から鎌倉山を経由して、由比ヶ浜へ。夏の暑い日だからこそ、山も海も走っちゃう!ゴールは盆踊り、夏のブラーン。

nitoube9_01.jpg

湘南モノレール西鎌倉駅を降りた、7月末の夕刻。今年の7月は、曇天に次ぐ曇天だったので、久しぶり夏の陽射しが気持ちいい。夏のラーンは水分補給を忘れずに。

モノレールのレールに沿って、大船方面へ歩き出してウォームアップ。鎌倉山の入口は「ようこそ鎌倉山」の石柱が目印。そこに見つけた、鎌倉でよく見る丸いポスト。いったいいくつあるのかな。全部を知っている人はいるのかな。

nitoube9_02.jpg

紫陽花がまだ咲いている。一部はドライフラワーみたいに、一部は葉っぱと同じ緑がかった色に。白い紫陽花は、しばらくすると緑色に変色するような気がするのだけども、たまたまか、気のせいか。元々色がつかなかったのか。

nitoube9_03.jpg

バス停「見晴らし」の近くにある見晴らしの良い場所は、カフェ「ル・ミリュウ」の屋外テラス。海からぶわっと吹き上がる涼風が気持ちいい。絞ったパラソルがバサバサっと青空に震える。

nitoube9_04.jpg

道なりにしばらく行くと、喫茶マウンテン。ここも丸いポストがキャッチーだ。

nitoube9_05.jpg

店前のT字路を曲がると右手に、長年閉館状態の棟方版画美術館がある。何年も空き家で、もったいない立派な建物だなぁとみていたのだけれど、この美術館が今、売りに出されている。どなたかいかがでしょうか。また美術館になるのかな。もう売れたかな。

nitoube9_06.jpgnitoube9_07.jpg

鎌倉山神社の前を行く。右手に海を見下ろして、通りを突き当たりまで行くと、山道の入り口ではないだろうか。どこまでいけるかな?もうちょっといけるかなと、ワサワサ草をかき分けながら進んでいく。

nitoube9_08.jpg

足元で何か動いたと思ったら、大きなキリギリス。木の葉が揺れたと思ったら、リスがジャンプ。遠くでヒグラシも鳴き出した。

nitoube9_09.jpg

湘南ジャングルを行く。脚がかゆいのは蚊のせいか、草で肌を引っ掻いたか。木陰が涼しい。人の気配がない山道へ。

nitoube9_10.jpgnitoube9_11.jpg

夏草のあいだからチラリと稲村ガ崎方面を望む。

nitoube9_12.jpg

足元の木々の間に小さなオヤシロ、熊野権現社を見下ろしてすぐに、たどり着いたのが山の中の山道交差点。

nitoube9_13.jpg

以前左手の極楽寺方面から来て、右の稲村ヶ崎へ抜けたことがあったような。なんとか位置方向感覚は持っているものだなと自身に感心。大丈夫、どこもどこかに繋がっている。今日はまっすぐ行ってみようか。

nitoube9_14.jpgnitoube9_15.jpg

山道の出口は知らない場所。丸い滑り止めコンクリートの急坂を、大量に踏みしめながら降りていく。膝を壊さぬように慎重にね。海はきっとこっちだと信じて、ぐんぐんと降りていく。ほーら、海が見えてきた。

nitoube9_16.jpgnitoube9_17.jpg

この日はやっぱり波が高かった。このままザパーンと飛び込んでしまおうには危ないか。海からの強い風で水しぶきが霧のようにまき上がる。しょっぱくてベタベタだけど、久しぶりの海で気分はいい。

nitoube9_18.jpgnitoube9_19.jpgnitoube9_20.jpg

稲村ヶ崎でちょっと休んで、海沿いをゆっくりと走って行こう。夕暮れ時に涼みに来る人たちで海辺はにぎやかだ。

滑川の向こう、材木座の砂浜に盆踊りのやぐらが見えてきた。今年はいつがお祭りなのかと寄ってみたら、なんと本日これからだそう。風は強いが、踊っちゃおう。生バンド「イマジン盆踊り部」の演奏で浜の盆踊りが始まった。

nitoube9_21.jpgnitoube9_22.jpgnitoube9_23.jpg

夏到来!海の家のお客さんもみんな踊り手に。今年の夏はまだまだこれからだね。今日もブラーンと夏休み。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
二藤部知哉ポートレート
二藤部知哉
湘南モノレール沿線在住のブラーンランナー。アスファルトより土や浜を走るのが好き。鎌倉市の魅力的なNPOや地域活動に参加しながら、地酒のような「地ウェブ」をつくる、地ウェブアーキテクトとして活動中。報酬は美味しいごはんやお酒、困った時に助けてくれる券、空想の通貨など、未来経済に生きていく。http://future-archives.net
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)