江の島への近道 湘南モノレール株式会社

何もない空き地の脇の道を行ったら何がある?湘南深沢駅から村岡エリアへ発見ラーン

本日のコースは、湘南モノレール「湘南深沢駅」から藤沢市・村岡方面へブラーン。サーカステントを横目に市場を覗いて、「湘南のキリマンジャロ」こと旗立山を登頂。その後、川名の横穴古墳群から見知らぬ谷戸の奥を探検。何もないから何かある。走って迷って歩いて90分!

muraoka.png

湘南深沢駅の階段をおり、正面を道なりに早足で歩けばウォームアップ。東京ドーム7個分はあろうかという空き地を横目に行ってみよう。最寄りの信号を右へ曲がると、道なりに水路がずっと続く。水路を見下ろすと、自生する草花がたくさん。小魚もいる。鳥もいる。年によっては近くでホタルが光ることも。ホタルの見頃は6月、今年はどうだろうね。夕暮れ時にもきてみようか。何もない道には何かある。来た方を振り返れば、サーカステントとピンクリボン号。走り出すBGMはサーカスバンド。

muraoka001.jpg

muraoka002.jpg

普段見えていたのに見ないふりをしていたのでしょう?

以前ソラdeブラーンで、ワクサカソウヘイさんが取り上げられていた「湘南のキリマンジャロ」が正面に見える。僕も登頂したことがないので、今日は頂上を目指してみようか。まだ行っていないところなんていくらでも。世界中に、ご近所に。山の少し前に「大屋根」が見える。そういや、その大屋根にも行ったことがなかった。今日は、「普段見ていたのに見ないふりをしていたのでしょう?」というところへ行ってみようか。

muraoka003.jpg
空き地・キリマンジャロ・大屋根の建物

セイカ&セイカ、生花と青果の市場

湘南深沢駅の出口からゆっくり10分程走ると、「大屋根」の正体が判明する。大船生花市場と鎌倉青果市場、「セイカ市場」と「セイカ市場」だ。オリンピックの聖火も通れば劇的なセイカ写真が撮れるかも!? なんて想像しながら、誰もいない週末お昼のセイカ市場へ。セイカ市場に併設されたハワイアンカフェ「Kahana's」さんだけが営業中。まだ今日は走り出したばかりだし、普段の様子はまた立ち寄る時にお茶をしながら聞いてみよう。早朝であれば、人がワッといるのだろうか。ほぼ無人の市場を背に、目の前のキリマンジャロを目指そう。

muraoka004.jpg

muraoka005.jpg

muraoka006.jpg

「神の鋼の橋」の登山ルートから山登り

市場を出て、少し行くと橋がある。「神鋼橋」。強そうな名だ。橋を渡るとすぐ右手が神戸製鋼所藤沢事業所。事業所と共につくった橋なのだろうね。この先にあるキリマンジャロの本名はなんだ? そもそも名前を知っていただろうか? 行く先の名前もわからないけれど、きっとこっち。小さな山には、どこか無理をしたような急坂や階段がある。大抵そこが登山道。周囲を走れば、ほら、見つけた。今日もいいカンしてる。

muraoka007.jpg
橋を渡って正面左手がキリマンジャロ方面

muraoka008.jpg

登山口はこの先だ

鎌倉古道を経由して山の上で振り返る

日常的に使われているであろう、踏み固められた山道へ。切れ切れながらも広範囲に残っている鎌倉古道の一部だ。さほど高くない山なので、山頂の台地まで歩いても5分くらい。青々とした木々が芽吹いて、風も心地いい。山頂で木々の隙間から望遠レンズ越しに見る湘南モノレールはミニチュアサイズ。こんなに遠くから見たことなかったな。看板で名前を確認。ようこそ、ここは「旗立山」。

muraoka009.jpg

muraoka010.jpg
チラリ、ポップサーカス&湘南モノレール

山の向こうのゆっくり隣町

山の反対側へ降りて少し行くと、田んぼと畑と。なんとものどかだなぁ。この30分足らずの風景の変化が嬉しい。すぐ脇をJR東海道線が高速で行くのだけれど、電車からは誰も気づいていない小さな景色。ゆっくりはいいね、いろんなことが響いてくる。

muraoka011.jpg

muraoka012.jpg

この辺りは藤沢市村岡エリア。「村岡ふるさとマップ」という看板が要所にある。今日も偶然見つけたそのマップを見ながらゴールを決めようか。気になったのは、横穴古墳群。気になったのなら行ってみよう。

muraoka013.jpg

「きれっぱし」のその先へ

JRの線路を渡って線路沿いを10分ほど行くと大きな橋桁(はしげた)にぶつかる。この橋の先に横穴古墳群があるはずだ。この橋は唐突にぷつんと切れる、切れっ橋。正面方向の江の島までへ行く計画が、訳あって開発が止まっちゃったみたい。その訳はきっとこの先にある。

muraoka014.jpg
きれっぱし

muraoka015.jpg
門みたいなきれっぱし

道なりに行くと、神光寺。そのお寺の真下に見つけた、横穴古墳群。一部は住宅の裏に隠れちゃっているのでひょっこり覗いてみたり。この辺りでは、やぐらと言ったり、古墳と言ったり、多くの横穴がいくらでもある。もうちょっと山なりに行ってみよう。

muraoka016.jpg
神光寺の敷地下、横穴古墳群

行き止まりに見つけた小さな自然公園

樹々が濃くなる方にさらに行けば、小さい豊かな山と谷がある。人里離れた感じが心地いい。

muraoka017jpg

さっきの大きな橋の開発がぷつんと途切れたのは、この場所のためかもしれないね。今日もいい場所見つけたよ。今日はこのまま藤沢の方へ走って買い物して帰ろうか。何食べようか。もうちょっとブラーンとしようかな。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
二藤部知哉ポートレート
二藤部知哉
湘南モノレール沿線在住のブラーンランナー。アスファルトより土や浜を走るのが好き。鎌倉市の魅力的なNPOや地域活動に参加しながら、地酒のような「地ウェブ」をつくる、地ウェブアーキテクトとして活動中。報酬は美味しいごはんやお酒、困った時に助けてくれる券、空想の通貨など、未来経済に生きていく。http://future-archives.net
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)