江の島への近道 湘南モノレール株式会社

映画的視点で見おろし見わたし見つめる旅(4)

待っていたのは奇跡のエンディング

毎日鎌倉に通勤しているのに湘南モノレールに乗ったことがなかったという、鎌倉市川喜多映画記念館の学芸員・阿部久瑠美(あべくるみ)さんに初乗車してもらいました。片道14分の空の旅は「いつもと視点が違い発見も多く楽しい時間だった」と振り返ります。戻って来た大船には、かつて松竹大船撮影所がありました。お腹も空いてきたので、少し歩いてお店を探しましょう。

松竹大船撮影所は、東京蒲田から1936(昭和11)年に移転してきて、小津安二郎監督作品をはじめ、久瑠美さんが大好きだという「男はつらいよ」シリーズもここで撮影されています。往時には約1000人が働いていたともいわれるほどで、界隈の店もにぎわっていたそうですが、2000年(平成12)年に64年の歴史に幕を下ろしました。

suzuki_6_32.jpg

「ここ浅野屋さんには、以前おじゃましたことがあります」
創業1922(大正11)年という、松竹が来る前から続く老舗のおそば屋さんです。割り箸の紙袋には「大船松竹前 浅野屋」とあるそう。道路の向かい(写真では右奥)が撮影所というロケーションで、監督や出演者、製作スタッフなどが利用したとのこと。関係者からはなぜか「ちびそば」と呼ばれていたとか。
残念ながらこの日は定休日で、その真相は聞けませんでした。

ここから少し北上すると、かつての撮影所の入り口付近です。

suzuki_6_33.jpg

交差点に「松竹前」という名前が残っています。
「ここに広大な撮影所があり、毎日たくさんの映画が作られていたと思うと感慨深いですね」
現在はイトーヨーカドーやブックオフ、鎌倉女子大などが並んでいます。

もうひとつの名前が残っているのが、ここから駅に向かう「松竹通り」。ここを歩き始めると・・・

suzuki_6_34.jpg

やはり撮影所のスタッフらが利用したり出前に使ったりしたという「レストランミカサ」は、昭和12年の創業。以前はこの駐車場あたりにありましたが、現在は向かいに移転しています。

suzuki_6_35.jpg

ところが、お店の前には「休業のお知らせ」が。「移転してからしばらくやっていたんだけど、このところずっと閉まったままだね」と通りを行く人も心配しています。
「ずっと食べてみたいと思っていたので残念です」と久瑠美さんが嘆く、ここの名物といえばこちら。

suzuki_6_36+.jpg

「かつめし」です。
千切りキャベツの上にソースを掛けたトンカツ、さらに焼き飯を載せ、頂上にはグリーンピースがお行儀よく並び、今でいう「インスタ映え」もするビジュアルで人気でした。もちろん、おいしいのでリピートする人も多かったとか。
実はこの「かつめし」は、撮影所の人のアイデアで生まれたメニューだそうです。あわただしい撮影現場でフォークだけでササッと食べられるものをというオーダーで生まれたとのこと。つまり「かつめし」の「かつ」は「とんかつ」の「かつ」ではなく、「活動写真屋のめし」の略だったのです。
「撮影所があった記憶を伝えるためにも、ぜひ復活を」と「ミカサ」さんを後にします。

suzuki_6_37.jpg

しばらく北上し、住所が鎌倉市から横浜市に入った所にあるのが「でぶそば」です。
「寅さんファンの聖地ですね」と言いつつ、「実は初めてなんです」と笑って告白する久瑠美さん。店内に貼ってある「男はつらいよ」のポスターにウキウキです。
「これは47作目ですね」

suzuki_6_38.jpg

さて、「でぶそば」を有名にしたのが、渥美清さんが訪れると必ず頼んでいたというセットの「半チャン、半ソバ、半シュー」です。チャーハンも、ラーメンも、シューマイも食べたいけど、それぞれ一人前だと食べ切れないからという渥美さんの願いを店主がかなえたというもの。
さっそく注文しました。

suzuki_6_39.jpg

「たしかに丼も小さめですけど、けっこうボリュームありますね」
目の前に現れたセットに感動しつつ、箸を進めます。
「優しい味。これを渥美さんも食べていたんですね」

お店の女将さんに話をうかがうと、撮影所の前から現在の場所に移ってからも渥美さんはよく通ってくれたそうです。
そして、1作ごとに必ずヒロインを連れて来店してくれたとのこと。大勢を連れての来店時には「料理が全員に行き渡るまでぜったいに箸をつけなかった」という話が人柄を忍ばせます。

suzuki_6_40.jpg

店内に貼ってあったこの色紙にも、すてきなエピソードが。
47作目の撮影後、10枚届いたうちの1枚とのこと。「でぶそば」の店内にサインがなかったことに気付いた渥美さんの心遣いだったようです。しかも、いつもはひらがなで書いていたそうなので、漢字でのサインはとても珍しいとのこと。

「このあたりからの渥美さんは弱ってきているのが分かり、見るのもつらかったんです。出番も減って、晩年にいつもマフラーやストールを巻いていたのは首の注射針の跡を隠すためだったとも聞いています」と久瑠美さんは話します。

そして、48作目「寅次郎紅の花」が遺作となってしまいました。

「やさしくて思いやりのある方。ご一緒される方の話を楽しそうに聞いていらっしゃる姿を思い出します」
そう話す女将さんの言葉に久瑠美さんは大きくうなずきます。
「エピソードを聞いてますます好きになりました。寅さんも、演じた渥美さんも」

「こんにちはー」高齢の男性が入ってきました。
「いらっしゃい。いつものね。チャーハン4分の1? 半チャンよりちょっと少なくしておきましょうね」
女将さんが答えます。

やり取りを聞いていると、どうやら映画関係者のようです。

「そういえばガジロウさんが1月くらい前にお見えになったわね」
「昔はよくあいつの店にも行ったけどな」
「お元気そうでしたよ」
「今度また会うんだよ、みんなで」

どうやら、シリーズのレギュラーで「寺男」役の佐藤蛾次郎さんの話題です。
もう我慢できなくなった久瑠美さん。立ち上がって話を聞きに。

この男性は青本たかじさんで、撮影所では46年間、照明ひとすじ。山田洋次監督のもとで60本、寅さんシリーズでも35〜6本担当したという大ベテランさんでした。
「兄も照明、姉はメイキャップ。家族で松竹だったよ。なにしろあの頃はスタッフだってすごい数いたからねぇ」
「でぶそば」には渥美さんに連れられて来たのがきかっけで、今でも定期的に通っているのだそうです。

「2年くらい前に渥美さんの20回忌に行って当時のメンバーと会ったけど、今度また会うんだ」
というのも新作の撮影が始まるというのです。渥美さん不在で?
「そうなんだよ。今までのを何だか切ったり貼ったりしながららしい」
過去の映像も使いながら最新技術を駆使して作るようです。
「で、撮影所に集まって見学した後、みんなで食事するんだよ」
とのこと。どこの撮影所なんですか?
「東宝だよ。松竹はもうないから」
そうですよね。あらためて寂しく感じます。

「ヒロインのゴクミちゃんも来るって」と青本さんが言えば
「そういえば、ゴクミちゃんもここに来たわねぇ」と女将さんが返し、話は尽きません。

suzuki_6_41.jpg

「こんな方と偶然お会いできるなんて感激しました」
初めて湘南モノレールに乗る目的の小さな旅の最後に、こんな出会いが待っていたなんて、まるで映画のような展開に驚く久瑠美さんでした。青本さん、でぶそばのご主人と女将さん、ありがとうございました。

最後にお店の前で青本さんと写真におさまっていただき、久瑠美さんの初めての湘南モノレールの旅はエンドロールを迎えます。

さて、実は1996年に渥美さんが亡くなった翌年49作目「寅次郎ハイビスカスの花 特別編」が製作されて打ち切りとなっていたシリーズですが、第1作の公開から今年が50周年でもあり、現在50作目を製作中です。タイトルは「男はつらいよ お帰り 寅さん」で2019年12月27日に公開予定。桑田圭祐さんが主題歌を歌うことでも話題になっています。
それにあわせて鎌倉市川喜多映画記念館で「男はつらいよ」上映会なんてあるとうれしいですね。もちろん、久瑠美さんセレクトで。ぜひお願いします。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
鈴木章夫ポートレート
鈴木章夫
鎌倉好きや鎌倉に関する本が集まる仕組みの小さな会員制図書館「かまくら駅前蔵書室(別名カマゾウ)」(https://www.kamakuraekimae.com)の 室長で、街のハッピーニュースを発信する「鎌倉経済新聞」(https://kamakura.keizai.biz)編集長。バーチャルなフェイスブックも楽しいが、アナログなフェイスtoフェイスを大切にしている。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)