江の島への近道 湘南モノレール株式会社

ぶら喜利(前編)

ソラdeブラーンには「モノ喜利」という大喜利コーナーがあります。これまで、湘南モノレールにちなんだお題で楽しく大喜利を繰り広げて参りました。

しかし、ある日ソラdeブラーンのトップページを見て気がつきました。そこには「湘南モノレールとその沿線を異次元に楽しむWebサイト」とあります。湘南モノレールだけでなく「沿線」も対象なのです。

そうだ、モノ喜利も沿線の魅力をもっとお伝えせねば。あんな景色やこんなスポットもあることをお知らせせねば。でも現地をレポートするにもお題だけでは限界があるし、どうしよう。

ならいっそ、こちらから出かけていき、外で大喜利をすればいいのではないか......。

そんなわけで、湘南江の島駅に、散歩好き&大喜利好きのみなさんに集まっていただきました。

oogiri_sampo001.jpg
(左から)
ヤスノリ(地元ぶらぶらマガジン「サンポー」運営)
村田あやこ(路上園芸学会 会長)
西村まさゆき(フリーライター)
宮田珠己(ソラdeブラーン編集担当)
井上マサキ(フリーライター)

ルールは簡単。

  • 湘南モノレール 湘南江の島駅から、江ノ電 鎌倉高校前まで散歩する。
  • 途中「これは」という場所でお題を出題。現場で大喜利を楽しむ。

これだけです。寄り道せずに行けば1.5kmほどの道のりを、途中で大喜利をはさみながらブラブラと歩いてまいりましょう。

ルーフテラスにて第1問

と、その前に、昨年秋にリニューアルした湘南江の島駅に興味津々の一行。エスカレーターを昇り、改札階のルーフテラスまでやってきました。

oogiri_sampo002.jpg

宮田 「けっこう広いでしょう? 晴れていたら遠くに富士山も見えるんです。結婚式(モノレールdeウェディング)もここでやったんですよ」

おぉ、これはさっそくのオススメスポット。記念すべき第1問はここでやりましょう。そうですね、お題は......

「湘南江の島駅のルーフテラスから、たった1日で撤去されたものとは?」

井上 「最初はこんなに広くなかったんです。ここに何かあったんです」
西村 「なるほど。じゃぁ......はい(挙手)」

oogiri_sampo003.jpg

西村 「かがり火」

ヤスノリ 「Vの字に並んでたんでしょうね」
井上 「お祭り感はあるけど、ずっといらないですね」

oogiri_sampo004.jpg

ヤスノリ 「ソーラーパネル いっぱい」

西村 「土地活用だ」
井上 「作った電気でモノレールを動かそうとしたのかな」

oogiri_sampo005.jpg

村田 「回転寿司」

村田 「湘南の新鮮な魚貝を駅でいただけます」
西村 「でも寿司が飛んじゃってる」
ヤスノリ 「どうやっても速く回っちゃう」
井上 「だから無くなったのか」

oogiri_sampo006.jpg

宮田 「ハキム」

西村 「なんですかハキムって」
宮田 「知らない?ブルース・リーの『死亡遊戯』で、塔の最上階にいる最強の番人」
全員 「???」
宮田 「知らないかー」

oogiri_sampo007.jpg

ヤスノリ 「フリー魔方陣」

ヤスノリ 「フリーなんで、どんな魔物も無料で召喚できます」
井上 「1日で無くなったってことは、とんでもないものを召喚した可能性がある」

なかなか好調な出だしです。この調子でさっそく街を歩いて行きましょう。

oogiri_sampo008.jpg
湘南江の島駅を出発し、国道467号を南へ

日蓮のピンチを救ったのは?

oogiri_sampo009.jpg
龍口寺

国道467号と江ノ電がぶつかる交差点。そのそばに建つのが「龍口寺」です。

oogiri_sampo010.jpg
敷地の奥に五重塔が建っています。

日蓮宗の龍口寺がこの地にできたきっかけとして、日蓮にまつわる逸話が残っています。元々ここは「龍ノ口」という刑場であり、罪人の斬首が行われていた場所なんです。

鎌倉時代後期、内乱や飢饉を憂い、『立正安国論』を著して幕府に奏上した日蓮。しかし幕府はこれを政策への中傷と受け止め、日蓮を市中引き回しの上、処刑のために龍ノ口に連行します。

しかし、日蓮を石の上に座らせ、斬首の準備を整えたそのとき−−−

「江ノ島の方より満月のような光のものが飛び来たり、執行人は目がくらみ、畏れおののき混乱の中、使者が到着し斬首の刑は中止となった」(龍口寺 縁起より)

まさに奇跡。「満月のような光のもの」のおかげで命拾いしたこの場所に、後に日蓮宗のお寺を建てたというわけですね。

それにしても、いったい何が飛び込んできたのか? というわけで次のお題はこちら。

「日蓮のピンチを救うため、飛び込んできたものとは?」

oogiri_sampo011.jpg

宮田 「UFO」

井上 「さぞや畏れおののいたでしょうね」 西村「これ、日蓮を連れ去ろうとしてるんですか?」

oogiri_sampo012.jpg

西村 「野良犬」

ヤスノリ 「学校の校庭に入ってくるパターン」
村田 「みんなパニックになりますよね」
井上 「処刑じゃなくて授業が中断するやつ」

oogiri_sampo013.jpg

村田 「酔っ払いのおじさん」

宮田 「こりゃぁご機嫌ですね」
西村 「空気読まずに『なにやってんの〜?』って」
井上 「警察24時でよく交番にお世話になっている人だ」

oogiri_sampo014.jpg

井上 「タオル」

ヤスノリ 「ギブアップなんですね」
井上 「セコンドが投げ込みます」
西村 「刑場ってセコンド入れていいの?」

oogiri_sampo015.jpg

ヤスノリ 「新しい日蓮の顔」

ヤスノリ 「バタコさんが『日蓮!新しい顔よ〜!』って」
井上 「スポーン!クルクル!って顔が変わって、処刑人をパンチで飛ばす日蓮」
宮田 「これだ」
西村 「正解が出ましたね」
村田 「満月っぽいですしね」

一同、日蓮のアンパンマン化に納得して、龍口寺をあとにしました。

oogiri_sampo016.jpg
交差点にもどると、江ノ電がダイナミックに道路を横切っていました。

「江ノ電もなか」をいただく

龍口寺から出てくると、道路を挟んで向かいにあるのが和菓子の『扇屋』です。このお店の特徴はなんといってもこちら。

oogiri_sampo017.jpg

和菓子の『扇屋』

本物の江ノ電の車両とパンダグラフが、お店を彩っているんです。

oogiri_sampo018.jpg
近くで見るとこの通り。ちなみに一両全部入っているわけではなく、先っちょだけです

扇屋さんは江戸時代後期から続く老舗中の老舗。名物は江ノ電をモチーフにした「江ノ電もなか」。1個130円。
oogiri_sampo019.jpg
江ノ電の一両をかたどった箱に......


oogiri_sampo020.jpg
「えのでん」の文字が。

oogiri_sampo021.jpg

「こりゃうまい」

味はごま餡や梅餡、ゆず餡など。カウンターに立つお母さんに「オススメはありますか?」と聞くと、「全部おすすめ!」とのこと。上品な甘さで、散歩と大喜利で糖分を欲していた我々にピッタリです。

では、お礼の意味も込めて、ここで大喜利といきましょう。お題はこちら。

「江ノ電の車両が目印の扇屋さんを、さらにデコってください」

oogiri_sampo022.jpg
遠巻きにお店を見ながら考えます。

西村 「はい(挙手)」
井上 「早いですね、西村さん」
oogiri_sampo023.jpg

西村 「かがり火」

井上 「ルーフテラスでやったでしょ」
ヤスノリ 「どこに置いてもいいんだ」
oogiri_sampo024.jpg

宮田 「リニアを乗せる」

西村 「急に最高時速があがっちゃった」
村田 「リニアもなかも作らないと」
井上 「それにしても宮田さん、ずっと縦向きで答えてますね」
oogiri_sampo025.jpg

西村 「かに道楽」

井上 「違うお店だから」
ヤスノリ 「あのもなかにカニの要素ありました?」
oogiri_sampo026.jpg

村田 「棒がいっぱいあるんで、ポールダンス」

井上 「そんなに棒ってありました??」
oogiri_sampo027.jpg

村田 「カーブミラーとか街灯とかいっぱいあるんですよ」
ヤスノリ 「ホントだ」
西村 「太い木まである」
井上 「あれはポールダンスというか木登りでしょうね」

oogiri_sampo028.jpg

ヤスノリ 「パンダグラフが『で』『き』『た』『よ』って動きます」

井上 「口パクだ」
西村 「これ『できたよ』だ、って気がつくまで時間かかるだろうなぁ」
井上 「パンダグラフが勝手に動くらしい......って都市伝説になる」

oogiri_sampo029.jpg

宮田 「トランスフォーム」

井上 「ついにロボットに」
宮田 「このまま東京まで街を破壊していきますから」
西村 「シン・ゴジラと同じルートだ」

糖分を補給した一行、道路を走る江ノ電を追いかけるように南下します。

oogiri_sampo030.jpg
江ノ電がとても近いです

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
井上マサキ(ぶら喜利)
ライター。路線図研究家。新婚旅行で訪れたロンドンで路線図に目覚め、路線図を「図」として意識し始める。イベント「路線図ナイト」では、企業が作った路線図を「インディーズ路線図」と呼ぶなどして鑑賞。人からどこで乗り換えたらいいの?とよく聞かれるが、暗記しているわけではないので結局検索している。好きな路線図はロンドン地下鉄、プラハ地下鉄、福岡市交通局。Twitter(https://twitter.com/inomsk)&HP(http://www.inoue-masaki.com/
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)