江の島への近道 湘南モノレール株式会社

湘南深沢カフェ散歩(中編)

4年目のポンポンケークス、何が変わった?

01.jpg

「べーぐるもへある」から「ポンポンケークス」までは徒歩3分。<日常と特別のあいだ>にあるおいしいケーキの数々が愛されて、開店4年めに入ったポンポンケークス。店内には相変わらず気持ちのいい穏やかな活気が満ちていた。

ショーケースの中に素敵な驚きをみつけた。並んでいるケーキの顔ぶれが、季節のケーキ以外は変わっていないのだ。飽きられないために次々に目新しいメニューを開発しなければ、という世の風潮とは逆の光景。

店主の立道嶺央さんはなぜこんなやりかたを選んでいるのだろう? 桃のショートケーキ(最高)と紅茶を注文して2年ぶりにお話をうかがったら、自分でキーワードを持ち、日々それを育てている人ならではの面白さに再会して予定より原稿が長くなってしまったので、少しだけ覚悟してください。

02.jpg

ケーキの基本は「トラディショナル・ニュー」

「昔からある伝統的なケーキを新しいかたちで、というのが僕たちの基本です」

立道さんはそのスタイルを<トラディショナル・ニュー>と呼ぶ。たとえば定番のレモンチーズパイは、東京・赤坂の老舗ケーキ店「しろたえのレモンチーズパイへのオマージュ。

「母が『しろたえ』のレシピを見つけ、それを自分なりにアレンジして作り始めたのが30年以上前のことでした。僕はそれを食べて育った。大好きな味なんです」

しろたえのレモンチーズパイは小ぶりな角型だが、ここではそれを立道さんがサンフランシスコの「タルティーヌベーカリー」で出会って魅了されたチョコレートアーモンドカスタードパイのようなサイズ感で、丸く大きめに作る。そのアイディアとセンスの秀逸さ。

04.jpg

「特別なことをせずに、どれだけシンプルな構成要素で素材の味を活かしておいしくできるかというのが、うちが取り組むポイントだと思っています。シンプルであればあるほど難しさを感じます。構成要素を少なくするかわりに、ひとつひとつのものをじっくり考える時間をおきたいなと思っていて」

たとえば、甘さ。POMPON CAKESではひとつのケーキの中で3、4種類の砂糖を使い分けている。

「焼き菓子の土台となる生地には粗製糖を使いますが、うちはあくまでケーキ屋なので、すべてを精製していない砂糖の丸くてほっこりした甘さにまとめることはしない。しっかりキレる甘さを大事にしていて、生クリームの最後には必ずグラニュー糖を加えます。そのグラニュー糖は、なるべく流通が見えるてんさい糖を選んでいます」

06.jpg

<暮らしに根ざした商い>のために

以前取材した際には、ケーキの移動販売からスタートして店舗を構えるまでのお話をわくわくしながらうかがい、本にまとめるにあたって「ページが足りない!」と四苦八苦したのだが、今回お聞きしたいのは<その後の現在>だ。

「育った街を盛り上げたい、ローカルを楽しくしたいと思ってお店を始めましたが、今は日々を淡々と暮らしながら長くやっていくことの中に地元の結びつきがある、という段階に入ったという気がしています」

03.jpg

「この場所の居心地の良さも含めて、毎日変わらない生活......日々、朝にケーキを作って、お店を開けて、というリズムの中で生きていくことの手応えが実感できるんです。自分の根底にあるのは、生活に根ざした商いをすること。農作物の生産者と連携しながらケーキを通して四季を伝えるということと並行して、1年間を通して同じケーキを作りつづけるという仕事に、この場所でずっと暮らしていくというリアリティを感じています」

そんなPOMPON CAKESに惹かれて、遠方からも繰り返し訪れるお客さまがいるのは幸せなことだと思う。お店の方針をあえて語らなくとも、その世界観の魅力を肌で感じとってくれる人々だ。

05.jpg

立道さんはおいしさとサステイナビリティを両立させ、シンプルに徹する技術と<優しさ>を大切にしている。食べる人、つながりのある生産者、暮らしている場所。それらについて思考すること、優しくあること。

「優しいというのはすべての基本ですから。うちのようなお店にそれが欠けると、すぐケーキの味に表れてしまうと思う」

スタッフ全員に「優しくいてください」とお願いし、そのための環境を整える。時間的、精神的な余裕なしに働き続けていては、優しい人でいることが難しくなるからだ。

半年ほど前に、お店のすぐ近くに「ポンポンパントリー」という、POMPON CAKESで使っている素材やナッツの量り売り、焼き菓子のつめあわせ、スタッフが使っている日用品のセレクトショップを作った。

「まずは僕もスタッフもこの近辺で幸せに暮らせる状態をつくるのが一番だと思っていて。

この中で循環型の社会を作りたい。日本では飲食店の地位はまだまだ高くないんですが、うちで働いたらずっと働けるとか、未来があるとか、心理的、精神的な安心感を作りたい。

それが今の夢であり、これから向かっていこうとするところです」

こういうお店の存在が、ローカルタウンに小さな希望をもたらすのだと思う。日常と特別のあいだ、バースデーのようなアニバーサリーではなく、今日は仕事で頑張ったからちょっと自分を褒めてあげたい、というような時にふさわしいそのケーキは、人生の友人だ。

07.jpg

POMPON CAKES(ポンポンケークス)
神奈川県鎌倉市梶原4-1-5
TEL 0467-33-4746
11:00~18:00 定休日:水木休

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
川口葉子ポートレート
川口葉子
ライター、喫茶写真家。
絶望的な方向音痴。地図を見るときは必ずぐるぐる回してしまう。
著書に『鎌倉湘南カフェ散歩』『京都カフェ散歩』(以上、祥伝社)『東京の喫茶店』『街角にパンとコーヒー』(以上、実業之日本社)『本のお茶』(角川書店)『コーヒーピープル』(メディアファクトリー)他多数。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)