江の島への近道 湘南モノレール株式会社

大船―小さな歴史を聞く 銀杏並木と桜並木編(4)渡辺六郎という人(2)

大船田園都市は「新鎌倉」と銘打って売り出された。このときの分譲の宣伝用パンフレットにおいても「わが社の大目的」として、「美しく、気持ちのよい街を創り出そうと考えています」という旨が第一に掲げられており、美観が重視されていることがよく分かる。

じっさいに美しい街を創り出すために、大船田園都市では、当時としてはいちはやく、世界初の田園都市であるイギリスのレッチワースにならって「建築物規定」を取り入れた。ここからも美しい街並みを作り出そうという確固とした意思が感じられる。

簡単にまとめると、以下のような規定があった。

☆外観はすべて洋風にすること

☆建物の面積は、敷地の1/3以下に抑えること

☆建物は、道路からはなして建てること

☆生垣は高くしない。4尺(約120センチ)まで。

☆板塀などで家が見えなくならないように。前には芝生をもうけ、いつもしゃれた洋風の家が見えるようにすること。

こうした規定にのっとり、本家レッチワースに劣らぬ美しい街が目指された。広く幅をとられた歩道に、サツキと銀杏の街路樹、しゃれた洋風の街灯も立てられたそうだ。

09断面図.JPG「さつき本通り断面図」、鎌倉市中央図書館提供
車道、街路樹、歩道。それから敷地に入って、芝生、低い生垣、前庭、建物。前掲のレッチワースの住宅街の写真と比べても遜色がないと思える。なお、図中にある数字の単位は「尺」で、1尺=約30センチ。
写真・画像の無断転載禁止

土地の人のなかには、建物がすべて洋風というのは、進歩的すぎて受け容れがたいという向きもあったらしい。それでも、こうした都市計画につきものの地元とのトラブルが大船にはなく、むしろ協力的であったということだ。

大船の田園都市計画を研究した建築史家・藤谷陽悦氏は

「地元の地主は非常に良心的であり(...)新しい街を作ることに対して(...)みな好意的で、積極的に新しい文化都市を造ろうという機運があったことが分かります」

と述べている。

先祖伝来の土地を東京から来た事業者にゆずるということは、農業をなりわいとする地域の人にとって一大事だっただろうことは想像に難くない。地主さんたちの気質もあったろうし、きちんと協議を重ねたということもあったろう。だが、なにより――これは私の想像にすぎないのだが――事業主・渡辺六郎氏の理想に燃えるさまに共鳴し、ひと肌脱ごう、となったのではないだろうか。そんな物語が想像されて仕方ない。

大船の田園都市計画は、不幸なことに中途で頓挫した。1923(大正12)年の関東大震災は大船の街にも大きな被害をもたらした。震災後の補修に出費がかさみ、立ち上がりかけた新しい事業は資金繰りが苦しくなった。だめ押しのように1927(昭和2)年に起きた金融恐慌によって、経営母体である渡辺銀行が倒産。これにより、大船田園都市株式会社も事業をたたむこととなった。

以降は、街の美観を作り上げるための「規定」が及ばなくなったため、日本家屋や、日本家屋に洋館を「外付け」したような折衷のものなどが洋館と混在していくこととなった。関さんが幼年期を送った昭和30年代の街並みはこうしたものだったという。時代を経て「美しい田園都市」から距離ができたことは確かだ。それでも、田園都市計画が原野だった大船に一から築いた街並みの基礎は、車道、歩道、区画をはじめとして、昭和を経て現在に至るまで生きて残っているわけで、渡辺六郎はいわば近代・大船の「父」であったと言えるかも知れない。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
大船ヨイマチ新聞ポートレート
大船ヨイマチ新聞
2015年より大船でフリーペーパー「大船ヨイマチ新聞」の活動をスタートさせる。
発端は2014年生まれの子をもつ5人の母親が、子供を通じて出合って意気投合したところから。
本業と母業のすき間を縫って、年に1回というスローペースながら、あふれる大船愛をぎゅうぎゅうに詰めた「新聞」を刊行中。
ぜひ本誌もお手に取られてください。
編集部から「陽」と「細」がこちらのサイトで記事を書きます。
・バックナンバー:創刊準備第1号(2015年)、創刊準備第2号(2016年)、創刊号(2017年)
※創刊準備第1号、第2号は大船駅東口の商店街を特集しました。街歩きに便利なMAPつき記事となっています。
Facebook https://www.facebook.com/ofuna.yoimachi/
Twitter @Ofuna_Yoimachi
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)