江の島への近道 湘南モノレール株式会社

【mission 10】-湘南深沢編- 望遠レンズはお好きですか?

毎度「ジェットにGO!GO!!」をご覧いただき、ありがとうございます。前回から始まった湘南深沢編の第2回目です。湘南深沢駅はモノレールの中枢にある駅です。今回も様々な魅力を見つけてゆきましょう!

■ 【mission 10】-湘南深沢編- 望遠レンズはお好きですか?

みなさまは写真を撮るときに、どんなレンズを使っていますか?今どきの最新スマホには沢山のレンズが付いていて、撮影の時々でその中から良いものが自動で選択されるそうです。すごい時代となりました。その中でいまだ、一眼カメラと言われる高級カメラは、マニュアル動作が多い世界だなと感じます。ここにはどのような違いがあるのでしょうか?

カメラやレンズはあくまで道具...。その道具を人間の直感に頼って、マニュアル的に操ることで、写真は個性や味が宿ります。現代において、「コンピュータが選ぶ最適解」とは違う答えが出せることが、人間の個性なのかもしれません。

さて、今回はカメラのレンズのお話です。望遠レンズは「遠くにあるもの大きく写すためのレンズ」というと理解しやすいと思います。写真の世界では50ミリが"標準レンズ"とされています。人間の見ている感覚に近いのが、標準レンズの特徴です。そしてこの50ミリを境に、数字が大きいものが"望遠レンズ"に分類されるのです。望遠レンズは人間が普段見ている世界と違った感覚が味わえるのです。

今回撮影で使用したレンズは150~600ミリの"超"がつくほどの望遠ズームレンズです。鉄道写真の世界でも望遠レンズは多く使いますが、やはり600 ミリは別格です。600 ミリはカワセミやレーシングカー、はたまた飛行機などを撮影するときにも使う、まさに憧れのレンズです。実は鉄道写真の世界でも、超望遠はとても重宝しています。今回はこのレンズで列車がどのように写るのか、超望遠レンズの世界をご紹介しましょう。

endo10_01.jpg

今回の撮影場所は湘南深沢駅の湘南よりにある坂道です。この写真の奥に写っている場所が撮影地です。坂道は少し長いですが、いい運動ですよ。大きな県道と交差をする場所です。前回でご紹介したように、湘南深沢駅は谷間にある駅です。列車は西鎌倉駅に向かって勾配を駆け上がります。その場面を望遠レンズで狙ってみましょう。

endo10_02.jpg

望遠レンズが鉄道写真で好まれる理由は、写真の中に圧縮効果が生まれることにあります。圧縮効果によって、被写体と背景との距離感が強調されるのです。こちらにある写真は望遠レンズの200ミリ付近で写したものです。肉眼では列車と背景には大きな距離感を感じますが、望遠レンズを使うとこのように後ろの風景も強調されて写るのです。200ミリでこの効果ですので、一度600ミリを使うと・・・。

endo10_03.jpg

このようにドドーンと写すことができるのです。 望遠レンズの効果はすごいのです。圧縮効果と同時に画面の中では、何も写っていない「余計な空間」が少なくなりました。その結果、列車本体に注目がゆきます。写真には緊張感が生まれ凛々しく写りました。

endo10_04.jpg

こちらも600ミリを使っての撮影です。先ほどよりもさらに緊張感を演出するために、フレームアウトという技法を使っています。フレームアウトとは被写体の全容を捉えるものでなく、写真の枠をはみ出して躍動感や緊張感を表現する方法です。この時は列車の前面に付けられたマークが気になったので、この手法で撮影をしました。可愛らしいタッチで描かれていますね。

湘南モノレールの車両はヘッドマークの付け替えが多いので、撮影のワンポイントとして積極的に狙ってゆきたいですね。

今の超望遠レンズは以前のものに比べて、とても軽量で高性能です。十数年前の撮影テクニックを紹介した書籍では、「超望遠レンズを使うには、筋肉を鍛えること」と書かれていたほどです。(本当です)「筋肉は裏切らない!!」のパワーで乗り切っていました。今では、超望遠レンズながらも手ぶれ補正がしっかりしているので、集中して撮影に取り組めます。

endo10_05.jpg

望遠レンズの圧縮効果はこんなところでも大活躍です。写真の中に手前の軌道を入れることで、奥の上り坂との高低差を表現しました。両者の距離は900メートルほど、離れていますが、一枚の写真に収めることができました。これも超望遠のなせる力技です。

endo10_06.jpg

望遠レンズは人間の見えている感覚よりも、相当に"うなって"写ります。坂の地形を利用して、不思議な遠近感に写るよう工夫をしています。改めてモノレールの偉大さを考えてしまいました。

さて次回は湘南深沢駅の近くで、どのような写真が撮れるのか。まだまだ「ジェットでGO!GO!!」湘南深沢編は続きます。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
遠藤真人ポートレート
遠藤真人
鉄道写真家 1989年生まれ 日本大学芸術学部卒業
日本写真学会 会員 EIZO ColorEdge Ambassador

幼少期から鉄道に魅了され、カメラマンの道を目指す。近年は撮影のみならず、カメラメーカーや鉄道会社とのタイアップ企画を行う。また、イベント・メディア出演・写真教室講師を務めるなど活動は多岐にわたる。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
喜清みずほポートレート
失われた 記憶をたどる まぼろしの遊園地「江の島龍口園(えのしまりゅうこうえん)」
喜清みずほ
鎌倉観光ボランティアガイド
宮田珠己(龍口寺編)ポートレート
龍口寺の龍と、謎の仏像
宮田珠己(龍口寺編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
加門七海ポートレート
江の島怪談闇歩き
加門七海
作家
中野純ポートレート
江の島怪談闇歩き
中野純
負の走光性がある、闇歩きガイド
髙山英男ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
髙山英男
中級暗渠ハンター(自称)。
吉村生ポートレート
暗渠deブラーン ~暗渠マニアが味わう湘南モノレール沿線
吉村生
暗渠マニアックス
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)