江の島への近道 湘南モノレール株式会社

(5)海が見える階段を経て、湘南江の島へ

 2回目の訪問でも最後まで辿りつけなかったので、3月中旬にもういちど訪れた。3回目は片瀬山駅からスタート。このエリアも津西2丁目、腰越5丁目などに魅力的な階段がいくつかあるが、全てを紹介するときりがないので、ここでは津西2丁目の急階段と、腰越5丁目のS字型階段、そして終点の湘南江の島駅近くにある龍口寺境内の階段を挙げる。

13.片瀬山駅南側の急階段

 津西2丁目の急階段は、片瀬山駅の南側の戸建て住宅地に造られたものだ。まとまった住宅として造られた一角で、街区は整然としているが、かなりの傾斜地であるためか急な階段が造られている。

matsumoto_05_01.JPG
片瀬山駅南側の急階段
所在地 鎌倉市津西2−11と13の間
34段/高低差約7m

 踏み面の奥行きは30cmと平均的だが、蹴上げが23cmと大きいため、傾斜は37°にもなる。古い寺社でときどき見られる急な石段と同程度で、新しい住宅地では珍しい。通る人は皆、足下を見ながらゆっくり上り下りしていく。

matsumoto_05_02.jpg

 高低差が約7mあるため見晴らしもよい。南向きに下る階段なので、遠方は海、江の島、相模湾方面だ。大船から次第に南下してきたが、ここでようやく海の近くにやってきたことが実感される。

14.腰越5丁目のS字型抜け道階段

 神戸川の低地から片瀬山方面へ上るこの階段は、100mほどの長さがあるS字型の細道を上る。下段、中段、上段とそれぞれに段の様子が異なり、階段周辺の人々が費用を工面しあって造ったのだろうということが想像されて、歩いていて飽きない。

matsumoto_05_03.JPG
腰越5丁目のS字型抜け道階段
所在地 鎌倉市腰越5−15と19の間
87段/高低差約24m

matsumoto_05_04.JPG

 途中で下を振り返ると、ここからも腰越の海と海沿いの街が遠くに見えた。整備が行き届いていない階段もまた個性的で印象的な風景をみせている。

 さて、ようやく主な階段を見て回ることができたので、目白山下駅から再びモノレールに乗り、終点の湘南江の島駅へ向かう。

15.龍口寺境内の階段

 龍口寺は、終点の湘南江の島駅から東へ200mほどの場所に、片瀬山を背にして山の懐に鎮座している。日蓮上人ゆかりの古刹だそうだが、それはまた別記事に譲ることとして、今回は最後にこの境内の階段を上ることにする。

matsumoto_05_05.JPG
龍口寺 本堂と参道の石段(14段)
所在地 藤沢市片瀬3−13

 江ノ電が走る門前の道から境内に入り、仁王門をくぐって石段を22段上り、山門を経て更に石段を14段上ると本堂前に至る。欅造りの本堂は1832(天保3)年竣工で規模が大きく立派だ。

matsumoto_05_06.JPG
五重塔への階段
36段/高低差約10m

matsumoto_05_07.JPG
七面堂への階段
80段/高低差約17m

 本堂の右奥には1910(明治43)年に建てられた五重塔が聳え、左奥には丘の中腹にある七面堂へ向かってまっすぐな石段が延びている。

matsumoto_05_08.JPG

 七面堂そばの階段を更に上ると仏舎利塔前の広場にたどり着く。片瀬山西南端のこの広場からは、木々の間に江の島が見え、海辺にたどり着いたことが改めて実感される。

matsumoto_05_09.jpg

 今回は大船〜江の島界隈の階段と眺望、街並みや地形を堪能することができた。湘南モノレール周辺は丘と谷がかなり入り組んでいて、階段もさまざまな方向を向いている。従って階段から見える風景もバラエティに富んでいて飽きない。東京23区内に比べて高低差が大きいので、階段巡りをするにはややハードだが、地形と階段と眺望景観をかなり楽しむことができるエリアだ。

 モノレールと階段を一枚の写真に納めるのはやはりなかなか難しいが、これもまちあるきの一つの楽しみ方だと考えて、また歩いてみたいところだ。周辺にはまだ訪れていない階段が多数ある。季節を替えて、また湘南モノレールを使って訪れたい。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
松本泰生ポートレート
松本泰生
松本泰生(まつもと やすお)

1966年静岡市生まれ。尚美学園大学講師・早稲田大学オープンカレッジ講座講師。
早稲田大学理工学部建築学科卒業 博士(工学・早大)
専攻の都市景観・都市形成史研究を行う傍ら、1990年代から東京の街と階段、坂を訪ね歩く。
2000年代からはカルチャーセンター講座などで、地形や階段を中心としたまちあるきも行っている。
著書は『東京の階段-都市の「異空間」階段の楽しみ方』(日本文芸社)、『凹凸を楽しむ東京坂道図鑑』(洋泉社)、『新宿学』(紀伊國屋書店・共著)など。

ブログは「都市徘徊blog」https://blog.goo.ne.jp/asabata
「東京の階段DB」https://blog.goo.ne.jp/tokyostair
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(大船系植物編)ポートレート
「大船系」植物と玉縄桜~知っていますか?大船生まれの植物たち~
村田あやこ(大船系植物編)
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
荻窪圭ポートレート
道標をきっかけに江の島まで古道を辿る
荻窪圭
老舗のデジタル系ライター。古道・古地図愛好家。
松本泰生ポートレート
湘南モノレールが見える階段を探して
松本泰生
階段研究家
大山顕ポートレート
湘南モノレールに乗って体長2kmのヤギを描く
大山顕
ドボクフォトグラファー
田代博ポートレート
湘南モノレールと富士山
田代博
富士山遠望鑑定士。ダイヤモンド富士ハンター。
北尾トロポートレート
町中華タウン大船をゆく
北尾トロ
町中華探検隊隊長
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)