江の島への近道 湘南モノレール株式会社

夜になると目白山下駅は

 さて、まずは夜の湘南モノレールを外側から鑑賞してみたわけだが、では内側から覗くとそこにはどんな景色が広がっているのだろうか。続いては「夜の駅構内」と「夜の車内」を巡ってみることにする。

yuru02-01_12.JPG

 まずグッときたのは、各駅舎の入り口だ。
 闇の中で、そこだけがぽっかりと浮かび上がっているゲート。「夜空」へと続く階段は、なんだか異界へと誘っているかのようである。

yuru02-02_13.JPG

 いくつかの駅を歩いてみたのだが、夜ならではの表情を濃く見せてくれたのは目白山下駅だ。

yuru02-03_20.JPG

 ここは降車客数の最も少ない駅で、終電の近づくこの時間ともなると、しんとした空気に満たされている。
 そしてこの駅は広い公園に隣接している。だから虫たちのかすかな「チチチ......」という羽音や、カラスの漏らす「カア...」というため息が、黒い森から時折聴こえてくる。

yuru02-04_15.JPG

 夜の森のかすかな蠢きを聴きながら、無人の駅でいつ来るともわからないモノレールを待つ。このシチュエーション、なんだか既視感がある。なんだろう。
 そうだ、『となりのトトロ』のワンシーンだ。
 メイとサツキが父の帰りを夜雨の中、停留所で静かに待っている。あそこで描かれている心細い情緒と同じものが、このホームには広がっているのである。
 駅の先端からは、トンネルを眺めることができる。

yuru02-05_16.JPG

 夜のトンネルって、なんともいえない雰囲気がある。いまにも未知なる何者かが「あっちの世界」から姿を現しそうだ。信号機の存在感も妙に妖しげである。
 するとその時、「ココココココ......」という機械音が空気中に揺れ出して、モノレールの車両がトンネルの向こうから姿を現した。

yuru02-06_17.JPG

 ネコバスだ。
 これは、完全にネコバスである。
 森の気配が濃い夜の停留所でひとり佇んでいると、「あっちの世界」から両目を光らせて、ぬらりと現れる胴長の乗り物。夜の目白山下駅ホームで体感するモノレールは、実にネコバスだったのである。

yuru02-07_18.JPG

「しゅーっ」という鳴き声を上げて、ドアが開く。
 誰もいない駅からそれに乗り込むと、車内に現れるのはまたしても無人空間。

yuru02-08_19.JPG

 私だけを乗せたモノレールが、軽やかに夜空を駆けだす。
 車窓の外に広がっているのは、ポツリポツリとした街灯だけで、あとは闇の世界。
 そこには夜の乗車だからこその、不思議な浮遊感がある。自分がいまどこにいるのか、座標を見失う感覚だ。
 風となって走るネコバスに乗ったサツキが「みんなからは見えないんだわ......」とつぶやくシーンがあったが、深夜の湘南モノレールでもまた、外の世界と切り離された、独特な雰囲気を味わうことができるのであった。


 降車し、駅前からレールを見上げると、湘南モノレールは「あっちの世界」に帰っていくようにして、闇へと消えていった。


 まもなく終電の時刻がやってくる。
 湘南モノレールの沿線は、この先の夜にどんな景色を見せてくれるのだろう。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントをフィールドにしている。
主な著書に「今日もひとり、ディズニーランドで」(幻冬舎文庫)、「変な鳥ヤバい鳥どでか図鑑」(エイ出版社)、「夜の墓場で反省会」(テレビブロス)など。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
井上マサキ(ぶら喜利)ポートレート
ぶら喜利
井上マサキ(ぶら喜利)
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
ワクサカソウヘイ(夜編)ポートレート
夜になると 湘南モノレールは
ワクサカソウヘイ(夜編)
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
大竹聡ポートレート
腰越で飲む
大竹聡
酒と酒場をこよなく愛するフリーライター
宮田珠己(空の駅編)ポートレート
湘南江の島駅は、日本一高い駅だった!?〜日本一、地上高が高い駅はどこか?
宮田珠己(空の駅編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)