江の島への近道 湘南モノレール株式会社

モノレールは電車とバスのハイブリッドと看破する大人たち

ぶら下がっているからこその工夫

 車体を下から、しかも間近で見てはじめて気づくことも多い。

0211.jpg振れ止め車輪とドレーン(萩原撮影)

 車体のスミに取り付けられた車輪。これは振れ止め車輪といい、停車中、ホームと車体が接触して、車体が破損するのを防ぐためのものだ。

 そして、さらに気づきにくいかもしれないが、さらにドアの両側下にストローの先っぽみたいなものがふたつついている。これはなんなのか?

湘南「これは、冷房の排水用のドレーンですね、モノレールはぶら下がってるから、走行中に空調の排水をボタボタ落とすわけにはいかない。ですから、駅に停まって、ドアが開いたときだけ排水するようにドアと連動してるんです、だからドアの横についている」

 地面の上を走っている電車は、常に垂れ流しかもしれないが、モノレールは下に人がいるので、水を落とすわけにはいかないのだ。

 間近で観察できるからこそ気づくモノレールの構造だ。

パンタグラフがミニチュア

 湘南モノレールの車両基地は、車体の駆動部分を点検するため、3階部分は、レールの上がむき出しになったフロアがある。

0220.jpg駆動部分が丸見えの階

 ここはほんとうにすごい。だって、湘南モノレールの駆動部分は、ふだんは箱型のレールの中にすっぽり入ってしまっており、外側から見ることなんてできないのだから。

 うっかり、撮影する写真も多くなってしまう。

0221.jpgパンタグラフ(萩原撮影)

0222.jpg横についているパンタグラフ(萩原撮影)

萩原「パンタグラフが、そのままの形でミニチュアみたいになってておもしろいですね」

湘南「タイヤの真ん中にあるパンタグラフで電気を取り込んで、脇のパンタグラフで電気を逃すんです」

萩原「あそうか、タイヤがゴムタイヤだから......」

――え、どういうことですか?

萩原「普通の電車は、パンタグラフからプラスの電気を取り込んで動力に使うんですが、マイナスの電気を車輪からレールに逃がしているんです」

――えぇ、そうなんだ......。パンタグラフから電気をとりこんでそこで終わりかと思ってました......。

湘南「モノレールは、ゴムタイヤですから、レールにマイナスの電気を流せない。そこで、プラス用のパンタグラフと、マイナス用のパンタグラフのふたつがあるんです」

0223.jpgパンタグラフの架線と接触する部分「すり板舟」の使用前と使用後

 普通の電車は、車輪から、マイナスの電気をレールに流している......恥ずかしながら、私は知らなかった......。

 ちなみに、普通の電車の車輪から流れたマイナスの電気は、吸い上げ線という電線で、架線の上にある饋電線(きでんせん)という電線まで送られている。この電気は、マイナスなので、電圧も低く、レールに触ったとしても人間が感電するほどのことはない。

萩原「ちなみにこれ、ブレーキはなんですか?」

湘南「ディスクブレーキですね」

萩原「なるほど、モノレールは、車と電車をかけ合わせたようなものですね」

 パンタグラフなどの、電気で動く部分だけみると、電車のようであるけれど、タイヤやブレーキの仕組みをみると、自動車のようでもある。

0224.jpgモノレール用に特別あつらえのゴムタイヤ

 たしかに、湘南モノレールは、乗っていてもブレーキのかかり方や加速の雰囲気などは、バスの乗り心地にそっくりだな。と思っていた。

 モノレール、ただ吊り下がっているだけじゃない、電車とバス(自動車)のしくみをもったハイブリッドな存在であることがよくわかる。

次回は「甘い消毒液に灯油の出る蛇口、基地の設備に注目する大人たち」です。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
西村まさゆき(車両基地編)
ライター。鳥取県倉吉市出身、東京都中央区在住。めずらしいのりものに乗ったり、地図で見た気になる場所に行ったり、辞書を集めたりしています。著作『ファミマ入店音の正式なタイトルは大盛況に決まりました』(笠倉出版社)ほか。移動好き。好物は海藻。
Twitter:https://twitter.com/tokyo26
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)