江の島への近道 湘南モノレール株式会社

その3 本物の車両でアナウンスをする

整備場の見学のあと、「洗い場」と呼ばれる場所に移動した。


1.jpg「洗い場」に車両が止まっている

ふだんはここで車両を洗うんだろう。ただしきょうは洗車体験ではなく、なんと本物の運転席で車内アナウンスやドアの開け閉めの体験ができるらしい。
これってすごいことだ。だって、運転席ってふつう先頭車両から眺めるだけのものでしょう。


2.jpg運転席は後ろから眺めるのみ

なのに、このドアの向こう側に入れて、それだけじゃなくて運転台やマイクにさわれちゃうというのだ。こんな体験をさせてくれる見学会はいままで見たことない。


3.jpg現役の運転手の北条さん

「運転手の北条と申します、よろしくお願いします。」

現役の運転手である北条さんが、運転台の操作を教えてくれるという。


4.jpg息子の番が来た

ついに運転席に入る番がきた。後ろから眺めるだけだったあの場所に立って、コントローラーを触っている。

右手で触っているのがマスターコントローラー(マスコン)と呼ばれるやつだ。いまは非常ブレーキの位置に入っている。これを手前に引くと「力行」、つまり加速していくんだけど、いまは動かないように固定してある。


5.jpg間近で見るマスコンがかっこよすぎる

そして「マイクでアナウンスしてみる?」と北条さんに聞かれたときの表情がよかった。


6.jpg連れて来てよかった

北条さんが左手に持っている紙には、実際の車両アナウンスのパターンがいくつか載っている。どれかを選び、本当にお客さんが乗っていると思って一字一句そのとおりに発音する。

息子が選んだのはこれだ。

7.jpg「お待たせいたしました、この電車は、江の島行きです。」

車内にアナウンスが響く感じはふだんのまま、声だけが息子のものになっている。小さいころから山手線の車内アナウンスをよく練習していたおかげか、他のお客さんからも「上手だね」と声をかけてもらう。

そこに車掌の大谷さんという方が来て、「もっとよくなる方法があるよ」と教えてくれた。

8.jpg「ここの句読点でしっかり区切るんだ。」

大谷さんによると、アナウンスの句読点にあたる部分をしっかり休むのがいいそうだ。それを聞いた息子は、改めて次のようなイメージで読んでいた。

「お待たせいたしました。この電車は。江の島行きです。」

おお、それっぽい。言われてみると本職の方のアナウンスってちゃんと区切ってるなあと初めて思った。

「これが一番重要です。」と大谷さん。「しっかり区切らないと、お客さんの頭に入ってきません。それに、ふだんから区切ることを意識すると、異常があったときにも落ち着いてアナウンスできるんです。」

アナウンスのあとは、ドアの開け閉めを体験させてもらった。


9.jpg「ドアが閉まりまーす」

プシュー!と言いながら本物の車両のドアが閉まる。こんな体験ははじめてだ。嬉しくて何回も何回もやらせてもらう。

そのときの大谷さんの息子を見守る目がやさしかった。


10.jpg11.jpgやさしい目

こういうのってうれしい。ありがたいし、原稿を書きながら思い出してちょっとうるっとくる。

また、次回。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
三土たつおポートレート
三土たつお
1976年生まれ。プログラマー、ライター、都市鑑賞者。ガードレールや三角コーンなど、路上のなんでもないものを眺めて写真を撮っています。「デイリーポータルZ」(iTSCOM)に連載中。編著に「街角図鑑」(実業之日本社)、共著に『はじめての暗渠散歩』(筑摩書房)
など。
Twitter:https://twitter.com/mitsuchi
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)