江の島への近道 湘南モノレール株式会社

大船のメロン編(2) 大船農園のメロン

 オサラギ商事さんでは、会議机の上にズラリと資料を並べて出迎えてくださった。

 企画内容をお話して、

「噂にだけ聞いていた大船のメロンの謎をぜひ解きたいと、探偵のような気持ちで参りました」と私がお伝えすると、

「これがそのメロンです」と、

早速モノクロの写真を見せてくださった。

メロン.JPG
写真・画像の無断転載禁止
メロン(アップ).JPG
【写真】オサラギ商事株式会社提供(下は同じ写真の拡大。シールには縦書き2行で「大船農園」とある)
写真・画像の無断転載禁止

 とても立派だ。品評会で優勝し、昭和天皇に献上されたというのも、至極当然と感じさせる美しさがある(メロンに貼られているシールに「大船農園」とあるのが見える。これがメロンを作っていた農園の名前)。

「大船農園」は広さ3千坪、敷地には温室がずっと立ち並んでいたという。3千坪というのは、別の単位でいうと約1万平方メートルで、1ヘクタールほどの広さになる。下の写真からは、その広さが伝わってくる。

大船農園(全景).jpg
【写真】農園全景 オサラギ商事株式会社提供。
写真右手がメロン栽培の温室(ハウス)。左手奥に小さいが「大船農園」と看板が出ているのが見える。写真左あたりが現在のJR大船駅の笠間口。ちなみに石垣苺も栽培していた。そして、後に触れるが先代は犬のブリーダーもやっていたそうだ(「犬の家」とあるのが、そのための施設)。ハウスの奥に小高く見えるのは「セメント山」。
写真・画像の無断転載禁

大船農園(違う確度).JPG
【写真】オサラギ商事株式会社提供。
別の角度から写した農園の一部。看板がはっきりと見える。
写真・画像の無断転載禁止

 先代が大船に農園を開いたきっかけはなんだったのだろうか?

 昭和の初頭、先代は、いい水の出る土地を探していた。当初から、メロン農園をやろうと考えていたらしい。最初は戸塚のあたりを検討していたが、最終的に大船の駅前のこの土地に決めた(昭和5(1930)年ごろ)。

「敷地のなかに井戸がありましてね。榊をこうやって手に持って、(水の出るところは)ヒュッと下がるとかいうので」と笑いながら教えてくださる林川さん。

 なんとダウジングの原理で井戸を掘り当てたそうだ。よくあったことなのだろうか。榊を使うというのははじめて耳にした。

 大船周辺で、昔のことを聞いたり調べたりしていると、こうした「いい水が出るから」という話に行き当たることが多い(そもそも「大船田園都市計画」の用地選定のさいにも飲料水にできる水が出ることが理由のひとつとなっていた)。

「ここは昔は『笠間町(かさまちょう)字(あざ)岩井口(いわいぐち)』っていう町名だったんです。「岩井口」という名称は地下水が豊富だということなんですね。ここは多摩丘陵の一番外れになるんです。多摩丘陵が大船で地面に潜り込んでいまして、その外れにあって、水位が高いんですね」

 土地の断面図が浮かんでくるような、規模の大きいお話で、なんとも興味深い。

「最初に掘ったところは出なかったんです。2つ目に180間(約330メートル)掘ってやっと自噴した。地面の上まで噴き上げてきました」

 夏には冷たく、冬には温かい(井戸水は冬には温かく感じられるのだ!)水で、年中かれることがなかったという。こちらでは、長い間、生活用水として、飲料水として大切にこの掘り抜き井戸の水を使ってきたそうだ。

 無事に出たこの「いい水」のおかげで、大船農園のメロンは品評会で優勝するまでになったのである。

 林川さんが持ってきてくださった秘蔵資料はまだまだある。続いて、「こういうものもあるんです」と笑顔を浮かべながら見せてくださったのは、大船農園の手ぬぐい。

大船農園(手ぬぐい全).jpg
【写真】手ぬぐい、オサラギ商事株式会社提供。
写真・画像の無断転載禁止

「わかりますか?」と林川さんがクイズを出すように問う。

「あ!わかりました!これ、温室の...」

「そうなんですよ、ハウスの断面なんです。ここが入り口なんです。それでこういうのがずーっとあったんです」と林川さん。

 メロンの温室が並ぶ様子を意匠にして、藍の濃淡ある模様に仕上げてある。今見ても、とても素敵なデザインだ。欲しくなってしまう。

 左下には「大船驛前 大船農園 電話十五番」とある。電話番号がふた桁なところに時代を感じる。右上にあしらわれたメロンのイラスト。添えられた「ンロメ」という文字に、一瞬「?」となるが、当時は、横書きであっても右から表記するのが普通だったのだ。大船農園が営まれていたのは、昭和5年から終戦の少し前ぐらいまでのことである。

 国土地理院のホームページで、航空写真を閲覧できるサービスを使い、当該のエリアの古い航空写真を探してみた。1944年のものが一番古かったのだが、ピントが今ひとつだったため、少し後のものになるが、よく見えるものを選んだ。これは1946年8月に米軍が写した一枚。ちょうど終戦から1年後だ。

国土地理院USAR227-A3-206 (19460815s21)marked02.jpg
【航空写真】「空中写真データ」(国土地理院) 撮影年月日 1946(昭和21) 年8月15日
(http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1176715&isDetail=true)をもとに筆者が作成。
写真・画像の無断転載禁止

 前回掲載した、現在の地図と見比べてみて欲しい。オー!プラッザのあった場所と、この航空写真の大船農園の場所が見事に符合していることが分かる。

 写真右下には、田園都市計画を経て碁盤の目状となった街並みが見て取れる。連載の第2回で取り上げた銀杏並木が、駅前から松竹通りに整然と列をなしているのも分かるだろう。砂押川には細い橋が架かっている。

 紫で囲んだあたりが大船農園。そのなかに、斜めに並んでいる線がうっすら見える。これがきっとメロンのハウスに違いない。(ちなみに、地図上で敷地の下の方に木々に囲まれているように見える箇所に、後に「大佛旅館」として使われることになる家屋(母屋と離れの2棟と庭)が位置していた)

 ここで「大船メロン」が栽培されていたのである。大船家具の関さんが若い時分に田園理容室のご主人から聞いたままに覚えていた「大船のメロン」の全容が、ようやく明らかになった。

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
大船ヨイマチ新聞ポートレート
大船ヨイマチ新聞
2015年より大船でフリーペーパー「大船ヨイマチ新聞」の活動をスタートさせる。
発端は2014年生まれの子をもつ5人の母親が、子供を通じて出合って意気投合したところから。
本業と母業のすき間を縫って、年に1回というスローペースながら、あふれる大船愛をぎゅうぎゅうに詰めた「新聞」を刊行中。
ぜひ本誌もお手に取られてください。
編集部から「陽」と「細」がこちらのサイトで記事を書きます。
・バックナンバー:創刊準備第1号(2015年)、創刊準備第2号(2016年)、創刊号(2017年)
※創刊準備第1号、第2号は大船駅東口の商店街を特集しました。街歩きに便利なMAPつき記事となっています。
Facebook https://www.facebook.com/ofuna.yoimachi/
Twitter @Ofuna_Yoimachi
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)