江の島への近道 湘南モノレール株式会社

スリバチドンツキ、そして...

さてここまでめぐってきたドンツキは何かとモノレールがらみの案件であったが、次は違ったものを探求してみよう。
湘南深沢駅から西鎌倉駅方面へ、モノレールもトンネル区間となる、地形の変化の大きな区域だ。
鎌倉市の市街地側では、「谷戸」と呼ばれる三方を山に囲われた谷あいの地形、いわばスリバチに古くからのお寺や居住地がさかえ、その郷土の風景の特徴となっている。そしてその特徴はひとつ鎌倉山を隔てたこちらモノレール沿線にもあり、その地形からも、谷あいに向かって道の行き止まるドンツキであるところが多い。
すなわち、スリバチドンツキである。
住所でいえば鎌倉市手広ということになろうか。一見この地域は、等間隔均一均等に立ち並んだ計画的に宅地化の進められた現代的な住宅街ばかりであるけども、山ぎわに目を向けるとはるかそれ以前からあり続けたであろう集落の姿が垣間見える。
「ここですよここ」と指し示す先には石積みの塀や刈り込みの行き届いた生け垣、そしてその奥では谷地に向かって上り坂になりつつ、一軒の広い庭の、離れもある農家にてドンつく。

ドンツキ (9).jpg
日本の道百選ドンツキ。この先がドンツキとは思えない。


谷戸は稲作の適地でもあり、日本の原風景のひとつともいえ、我々が三方を囲われたドンツキに安寧を覚えるとすればこのようなところに原体験があるのかもしれない。
「この道は『日本の道百選』に入れても恥じないと思いますよ。百選の中で唯一ドンツキ」とか
「他の百選の道にはドンツキは無かったんですか」
「いや調べてないけど」
ゆくゆくは「日本のドンツキ百選」というのも選定するのも良いかもしれない。

ドンツキ (10).jpg
大きな農家の前でドンツキ

「さいごのドンツキは・・・?」

これまで何とか耐え忍んできた雨であったが、ここにきて雨足が急速に強まり、坂道などは滝が下るようであった。さすがにこれ以上の探索は危険であるとみて、やむなく引き上げることにした。
「最後に訪ねたかったドンツキは鎌倉山の山頂にあって、晴れていれば山頂からは大山が眼前に望める『絶景ドンツキ』を用意していたんですけど、、、。どのみちこの天候では遠くまで見えそうにないですし」
ドンツキなくとも心晴れやかなるべし。続きはまたの機会ということで、 これにてドンツキクエスト、ひとまず終了!!

私どもドンツキ協会は今回ご紹介したように、人がふだん日常生活を送る上では気にもとめない空間を求め歩く「ドンツキクエスト」なる、まちあるき・観察イベントを開催しています。
そういえば、今回ご同行いただいた村田さんから、
「協会のみなさん、このドンツキは良い、とおっしゃってましたけど、『良いドンツキ』ってどのようなものなのでしょう?」と、根源的ながらごもっともなご質問がありました。
私たちの訪れるドンツキという空間は、観光地でないどころか、地元の住民ですら訪ねたことのない場所ばかりです。でも、「この道は昔、エラい殿様がつくったもので...」「この道は太古の地殻変動によって云々...」といった、特別な来歴のある場所だけが、そのまちの全てでしょうか。もっと生活に近いごくごくありふれた空間にこそまちの個性は語られるのでは。そんな空間を見たまま、あるままを感じることを私たちのまちあるきでは大切にしているのです。
ドンツキクエストはつまるところ、行き止まりを行っては戻り、の一見たいへん非合理的なまちあるきですが、見方を変えれば同じ道でも行きと帰りで違った風景を眺めることができる、ともいえます。見知った町、あるいは住み慣れて知ったつもりでいるまちでも新たな発見をする、絶好の方法なのかもしれません。

ここ湘南モノレール沿線でも、「知っているつもりだけど知られていない道」まだまだきっとありますよ。

ドンツキ (11).jpg晴れていれば大山や富士山が望める。鎌倉山のドンツキ

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキ協会
東京の下町、墨田区向島でまちに数多く存在する行き止まりの道、すなわちドンツキをまちの個性として捉え、その観察・研究また表現活動により、ドンツキと徹底的に向き合い、関わり合いながら、ドンツキの地位向上に努めることを主旨としています。
ドンツキを巡るツアー「ドンツキクエスト」のほか、ドンツキを活用したイベントを不定期に開催。「タモリ倶楽部」「アド街ック天国」ほかテレビ・新聞・ラジオ等にも多数出演。
ドンツキ協会 
http://dontsuki.wordpress.com
http://www.facebook.com/dontsuki
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)