江の島への近道 湘南モノレール株式会社

ほじくり湘南モノレール(2)

 さて、連載2回目ですから、きちんとモノレールに乗ります。
 もともとここを教えてくださったのはジェットコースター愛好家としても名高い宮田珠己さん(このサイトでも連載をお持ちです)。そんな宮田さんが勧めるだけあって、懸垂式のしょもたんは確かにジェットコースター的な怖さがある。発車するときにいちばん前の窓を見ていると、下に何もないから飛び降り台から飛び込む気分です。地面まで妙に近いのもいい。信号とか、めっちゃ近い。浅草花やしきのジェットコースター的な怖さ。
 しょもたんはけっこうなスピードを出して鎌倉界隈の丘陵地を上がったり下がったり。まずは終点まで行ってみようと、湘南江の島駅に来てみました。
 大船駅のホームで水色だった部分は、湘南江の島駅ではベタッとしたリノリウムのような素材の緑の床になっていて、これはこれでプールっぽい。レールと床の区別がないから、駅員さんがふつうにその緑の床を歩いて事務室に入っていきます。
 改札を出ると、唐突に「湘南江の島名物・生しらす丼」と書いてある顔出し看板があります。
 いや、しらす丼にはもともと顔なんかない。この看板は湘南モノレールが公式に作った物みたいだけど、ふつうのしらす丼の写真に顔出し部分を作るなんて暴挙だ。顔を出す必要性がまったくない。2個も穴が開いてるけど、穴の部分が任意すぎる。それなのに、ああ、顔を出して写真を撮っている人がいる。しかたない、これはジェットコースターで、ここはきっと遊園地なんだ。みんなしらす丼から顔を出すことに疑問を感じないくらい浮かれてしまうんだ!
 さて、湘南江の島駅は、5階建ての5階がホームなのにエスカレーターがありません。長々と降りていって地面に着きましたが、この地域からモノレールに乗るときは、まるで古い団地に帰るみたいに5階分の階段をのぼらなきゃいけないのだな。さすがにバリアフリー化計画が進められているようですが......でも、こういう建物の不器用な感じ、私は大好きなんです。建物の裏に回ると、山肌からにゅっとレールが出てきて、鉄骨でむりやり嵩上げされたようなホーム部分につっこんでる。不器用でぶさいくでやや異様な感じ、たまらない。まさにプールの飛び込み台を大がかりにしたような建物。
 駅前はというと、この日は平日とはいえ、観光地・江ノ島が近いわりには特に賑わっていません。江ノ島近辺には、小田急の片瀬江ノ島駅、江ノ電の江ノ島駅、この湘南江の島駅と3つも駅があるのですが、湘南江の島駅がいちばん江ノ島から遠い内陸側にあるので、この静かさも当然かもしれない。でも、この3つの中でどれが好きって、ほじくり好きの私は当然観光地からいちばん遠い湘南江の島が好きに決まってます。
 駅からさらに内陸側に歩いてみる。観光要素の少ない古い商店街で、「片瀬中央商交会」というらしい。こういう商店街も私の大好物だなあ、と思ってしばらく行くと、急に道に大きな蓋がかぶせてあるところがあります。
 八百屋さんの「はとりや」の前に、アーケード未満の「道蓋」があるのです。はとりやさんで買いものするときだけは絶対に雨に濡れずに済みそうです。
 当たり前のように言ってますけど、「道蓋」は今思いついた概念です。
 この手の「道蓋」は古めの商店街でたまに見られますが、はとりやさんの道蓋は道幅いっぱいいっぱい、2階の屋根の高さに張られたかなり立派な「道蓋」だったもんで、思わず新たな言葉を作ってしまいました。
 観光地で非観光なものを見るという満足体験を経て、私はまたしょもたんに乗ってだいぶ前の駅に戻る。観光地じゃない駅こそ本質だ。

180102.jpg

LINE
Twitter
facebook
google+
hatenablog
能町みね子ポートレート
能町みね子
北海道出身、茨城県育ち。
著書に、『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『雑誌の人格』『雑誌の人格2冊目』(いずれも文化出版局)、
『お家賃ですけど』(文春文庫)、『うっかり鉄道』(メディアファクトリー)、『能スポ』『能サポ』(いずれも講談社文庫)、
『逃北』(文春文庫)、『ほじくりストリートビュー』(交通新聞社)など。
著者のご紹介
mr.ブラーン
佐藤淳一ポートレート
乗らずにいられない、懸垂式モノレールの魅力
佐藤淳一
ドボク+動物のかけもち写真家
宮田珠己ポートレート
湘南モノレールはどのぐらいジェットコースターなのか
宮田珠己
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
宮田珠己(続編)ポートレート
5つの面白レールを1日で。ゆかいなのりもの大冒険!
宮田珠己(続編)
旅とジェットコースターと変なカタチの海の生きものを愛するエッセイスト
村田あやこポートレート
路上に潜む異世界を求めて ー湘南モノレール沿線 路上園芸探索ー
村田あやこ
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(続編)ポートレート
湘南モノレールから歩いていける森巡り
村田あやこ(続編)
散歩と植物好きの会社員
村田あやこ(変形菌編)ポートレート
ルーペの向こうのちいさな世界
村田あやこ(変形菌編)
散歩と植物好きの会社員
太田和彦ポートレート
大船で飲む
太田和彦
作家。旅と酒をこよなく愛する
八馬智ポートレート
土木構造物としての湘南モノレール鑑賞術
八馬智
ドボクの風景を偏愛する都市鑑賞者
西村まさゆきポートレート
湘南モノレールの昔と今を比べてみる
西村まさゆき
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(続編)ポートレート
開業当時の古写真の場所はいったいどこか探す旅
西村まさゆき(続編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
西村まさゆき(車両基地編)ポートレート
大人のモノレール車両基地見学記
西村まさゆき(車両基地編)
めずらしいのりものに乗るのが好きなライター。
大船ヨイマチ新聞ポートレート
よい街 オーフナ
大船ヨイマチ新聞
大船のフリーペーパー。昼は「良い街」夜は「酔い街」。
皆川典久ポートレート
地形マニアと鉄ちゃんの凸凹乗車体験記〜湘南モノレールに乗って〜
皆川典久
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
皆川典久(続編)ポートレート
湘南モノレールに乗らずに
皆川典久(続編)
スリバチ状の谷地形を偏愛する地形マニア
能町みね子ポートレート
ほじくり湘南モノレール
能町みね子
肩書きに迷いつづけ、自称「自称漫画家」。散歩好き。
ドンツキ協会ポートレート
ドンツキクエスト in 湘南モノレール
ドンツキ協会
ドンツキ協会は東京の路地の町、向島を拠点に、袋小路『ドンツキ』の研究に取り組む団体。
大谷道子ポートレート
湘南モノレール運転士インタビュー 「運転する人どんな人」
大谷道子
ライター・編集者。
井上マサキポートレート
湘南モノレールの「まっすぐ路線図」を鑑賞する
井上マサキ
路線図を鑑賞するライター
鈴木章夫ポートレート
湘南モノレールバー人図鑑
鈴木章夫
誰かをちょっとだけびっくりさせるのが幸せ。かまくら駅前蔵書室(カマゾウ)室長
二藤部知哉ポートレート
ソラdeブラーンdeラーン
二藤部知哉
沿線在住のんびりブラーンランナー
いのうえのぞみポートレート
湘南フォトレール カメラを持って湘南モノレールに乗ろう!
いのうえのぞみ
モデル・タレントで世界一周を目指すカメラマン
大村祐里子ポートレート
フィルムdeブラーン
大村祐里子
フィルムカメラをこよなく愛する写真家
川口葉子ポートレート
モノレールdeカフェ散歩
川口葉子
都市散歩と喫茶時間を愛するライター、喫茶写真家。
松澤茂信ポートレート
湘南別視点ガイド
松澤茂信
東京別視点ガイド編集長。珍スポットとマニアのマニア。
川内有緒ポートレート
湘南トライアングルをめぐる旅
川内有緒
ノンフィクション作家
田中栄治ポートレート
MonoTube
田中栄治
地上と空のスピード感を追い求めている素人カメラマン
三土たつおポートレート
本物の車内アナウンスが楽しすぎた。
三土たつお
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
三土たつお(続編)ポートレート
湘南モノレール風景図鑑
三土たつお(続編)
路上のなんでもないものの名前と特徴が知りたいライター
杉浦貴美子ポートレート
食べる!湘南モノレール -湘南「地形菓子」制作奮闘記-
杉浦貴美子
地図・地形好きライター
今泉慎一ポートレート
〝もののふ隊〟駅前砦にあらわる
今泉慎一
旅・歴史・サブカル好き編集者兼ライター
ワクサカソウヘイポートレート
車窓の冒険
ワクサカソウヘイ
文筆業。主にルポとかコントがフィールド。
半田カメラポートレート
大船観音の劇的楽しみ方
半田カメラ
大仏写真家
遠藤真人ポートレート
ジェットにGO!GO!!
遠藤真人
モノレールに敬礼!鉄道写真バンザイ!
石川祐基ポートレート
湘南モノレール「もじ鉄」旅
石川祐基
グラフィックデザイナー。鉄道と文字が好きな、もじ鉄。
モノ喜利(井上マサキ)ポートレート
モノ喜利
モノ喜利(井上マサキ)
めざせ!最優秀ブラーン賞
ヴッパータール空中鉄道座談会ポートレート
ヴッパータール空中鉄道について思いっきり語る
ヴッパータール空中鉄道座談会
ヴッパータール空中鉄道に乗車した人たち
モノ散歩ポートレート
モノ散歩
モノ散歩
沿線の魅力が集結!
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)ポートレート
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日
4コマ劇場 Mr.ブラーンの休日(宮田珠己)